Menu

日本を代表とする城

知名度№1、安土城

城の中でも知名度№1はやはり織田信長の築いた安土城です。
実は安土城は本能寺の変の3年前に建築されたため、織田信長が城主を務めた期間はほんの僅かでしかありません。
しかし従来の城とは一線を画した安土城は5階建ての天守に、内装は黒漆や金箔をふんだんに使われています。
そして間取りも当時では型破りな城で、まさに派手好きの織田信長にふさわしい豪華絢爛さだと言えるでしょう。

ですがそんな豪華絢爛さを誇った安土城は信長の死後に燃やされてしまったため、今ではその姿を見る事は出来ません。
残った城跡にだけ、わずかながらかっての隆盛の名残を見る事が出来ます。

日本最大クラスの規模の誇る姫路城

姫路城の規模は日本トップクラスを誇り、世界遺産にも指定されています。
姫路城は羽柴秀吉によって建城されました。
このような大規模になった背景には当時勢力を伸ばしていた中国地方の毛利氏をけん制するためだと言われています。

姫路城の特記すべき点はその大きさだけではありません。多数の水掘、門、狭間が複雑に配置され、侵略に備える防護性の高い城です。
そして度々の修繕を行いながらも当時の姿が残されているところにその強固性を感じる事が出来ます。