Menu

建城された城主の権力や威厳とは!?

城とは戦の中心

城とは城主の権力を現すものでした。
領地を奪うという事はその城を落とすという事と同義語です。
そのため城は戦が起きると真っ先に攻撃される場所だったのです。
なので城は防御性と攻撃性に優れた造りになっています。特に城の櫓は城の敷地内にいくつも配置されています。
櫓に籠もって敵を効果的に襲撃したり、城門や本丸といった城の中心を防護するために配置されました。
弓矢鉄砲の射撃が出来る穴があり、また平安時には倉庫や住居としての機能も備わっています。

リラックスさせる空間の庭園

現在でも城の庭園の自然の美しさは見事なものですよね。
当時も城の庭園は茶室を作ったり、池を作らせ橋をかけ回遊式の庭園を造るなど様々な趣向がされています。
当時の城主も美しい庭園を眺めて心を休めていたことでしょう。

城の入り口である門

門とは城の入り口ですから、言ってみれば城の顔でもあります。
立派な門を造る事は自分の権力の大きさを誇る事が出来ますし、同時に戦の時に城を守る警備の役割がありました。