Menu

城の暮らしはどのような感じだったのか

城の中の暮らし

城の規模は城によって異なりますが、平均で1500坪ほどの規模あったそうです。
そして城の構造はとても複雑で建築物も1つではありません。
その広大な敷地の中に御殿と呼ばれて城の主の住居があります。
そして城の主だけが城には住んでいたわけではなく、二の丸、三の丸という具合に外郭部分にも建築物がありました。
そこには多くの家来や、御殿で働く女中、役人の職場も城の中に存在しました。

城の外の暮らし

城の外には城を守るための城下町が存在します。
そしてそこには町人や寺のお坊さんなどが住んでいました。城下町とは城を中心とし、城を隠すように家屋が建てられています。
当時城を攻め込む事で勝敗が決まりましたから、いつ攻められても守れるようにと城下町が防衛ラインとして機能していたのです。
そのため現代の人が見たら、なんでこんなに袋小路で道は直角で、家屋は複雑に配置されていて分かりにくいんだと住みにくく感じるでしょう。