Menu

城の再建と詳しい理解を深める

私たち日本人にとって城とは現在でも歴史建造物として全国各地で見る事が可能です。しかし城について外国人から質問された時に、出来ない人も多いのではないでしょうか?

城はいつごろ建てられたのか?

城の歴史は古く、最古のものでは弥生時代に集落の周辺に掘や土塁で固められた建築物の後が見つかっています。
私たちがイメージする石垣や天守がある城の形が完成したのは、1579年の織田信長によって建築された安土城が最初だと言われています。
城は当時は天主と呼ばれ、権力の象徴と考えられていたため遠くからでも目立つように建築には色んな工夫が施されています。
そして石垣は一見隙間だらけのため脆く見えるかもしれません。

しかし敵が攻めてきた時の事を考慮して建築されているため、その防御力には目を見張るものがあります。
当時の建築の技術力の高さには驚かされるばかりです。
その後安土桃山時代や江戸時代の期間に日本全国に多数の城が建築され、現在でもその姿を見る事が出来ます。

現在の城は再建されたもの

ただし安土桃山時代に建築された城は戦国末期にほとんど消失しています。
それが江戸時代に大阪城を筆頭に数々の城が再建されました。
しかし江戸時代に再建された城は明治時代になると新しい西洋の文化が入ってきたため、多くの城は取り壊されてしまいます。