Menu

土地柄が現れている異例の城

首里城の特徴

沖縄県にある首里城は14世紀琉球王国の時代に建築された城です。
現在は世界遺産にも登録されています。首里城は内政、外交、祭事など長い間琉球王国の中心を担っていました。
しかし当時の首里城は太平洋戦争の時代に米軍の空襲により全焼してしまいます。
そのため現存の首里城は近年になり復元されたものです。

琉球王国とは長い間独立していたため日本とは異なる独自の文化を築いています。
そのため首里城は城といっても私たちがイメージする城の姿とは大きく異なります。
正殿はまるで中国の宮廷のような建築様式になっていますが、しかし所々には日本の神社に見られる日本の建築様式も見られます。
そのため和中折衷の文化が入りまじった独特な美しさが首里城の魅力だと言えるでしょう。

五稜郭の特徴

北海道の函館に建築された五稜郭は1857年に建設されました。
当時の函館は国際港として栄えていたため、五稜郭には欧州の城寒を手本にされています。
日本の城には見られない4方向への土塁や、周囲の目を遮り大砲で攻撃する事を考慮された星形の形状は欧州の戦争を意識しています。

そして五稜郭と言えば新選組の土方歳三と明治政府の戦い函館戦争で五稜郭が中心の場になった事でしょう。
しかし17世紀の欧州で考案された設計を手本にした五稜郭は砲撃戦に備えた構造になっています。
ですが明治政府の兵器の進化には対応出来ず敗北に終わります。
現在は函館の観光名所の1つとして大勢の人が訪れています。