Menu

作られた時代によって城の役割は異なる「堅牢な城と美しい城」

堅牢な城・小田原城

小田原城は日本一堅牢な城として有名です。
小田原城が日本一堅牢な城と呼ばれる所以はその日本最大の城郭があった事も要因の1つですが、それだけではありません。
小田原城には四方が山と川と海に囲まれているため、敵の侵略が難しい自然の要塞にも守られているのです。
そして外郭で街や農地ごと取り囲んであります。これも日本の城郭では非常に珍しい構造で、長期間の籠城も可能だったのです。

小田原城は日本一の堅牢な城という名称にふさわしく、その歴史の中で数多くの敵を退けています。
まさに当時は難攻不落の城だったのです。
小田原城が建城されたのが戦国時代の初期、まさに激しい戦の真っただ中だった事も深く関係しているでしょう。

日本一美しい名城・姫路城

姫路城は別名白鷲城とも呼ばれ、その純白の漆喰で彩られた天守閣がまるで白鷲のように優美で美しいと評価されています。
国内外からも人気が高く、日本一美しい城とされ、建築物としても傑作であるために国宝になっています。
姫路城が建城されたのは戦国時代が終わった後です。
そのため戦のために作られた城ではなく、まさに権威の象徴としての城だったのです。
幸運にも2度の世界大戦でも焼ける事がなく、昔のままの姿で今も残っています。
そして2015年には5年かけて改修された工事も無事に終了し、まさに白鷲のような美しさで私たちの目を楽しませてくれます。

出会いも楽しさもあり大人の趣味で人生を豊かにしよう

大人になっても、暮らしに彩りをそえる趣味を持ちたいですね。「仕事が忙しくて時間が取れない」「一人で何かを始めるのはおっくうだ」と尻ごみせず、できることから始めてみましょう。新たな自分に出会えるはずです。

作って食べて、仲間とおいしい時間を過ごす

一人暮らしで仕事に打ちこんでいると、食事を作るのもおっくうになります。気がついたら、三度の食事をコンビニや定食屋さんで済ませた、という人もいるでしょう。

毎日の食生活が気になったら、料理のサークルに入ってみてはいかがでしょうか。食材の扱い方や味つけを覚えれば、調理がどんどん楽しくなるはずです。栄養バランスのとり方も学べて、暮らしに役立てられます。

メンバーの中には女性も多いので、出会いの場ともなるでしょう。お互いにフォローしあって一皿を完成させたら、自然と親しくなれます。かっこいい包丁さばきを見せ、積極的に自己アピールしましょう。

体を動かしたい人にはこんな運動がおすすめ

最近人気のスポーツは、フットサルです。手軽にできるサッカーというイメージで、初めてでも気軽に取り組めます。コートがせまいので、体力を使い果たすほど走り回る必要はありません。

ルールが分かりやすいことも、とっつきやすい理由のひとつです。女性のチームも数多く、仕事が終わったあとで試合を楽しんでいます。心地よい汗を流せば、毎日のストレスもきれいに消えるでしょう。

ゲームを観戦したり応援したりすれば、異性と知り合う機会も増えます。経験者に教えてもらえば上達も早く、さらに楽しめるはずです。ダイエットをするつもりで、仲間に入ってみましょう。

その日の気分でさまざまな瞬間を切り取る

スマートフォンを使えば、どこでも手軽に写真を撮れる時代となりました。一方で、本格的なデジタルカメラを使いこなす人も増えています。特に女性は、街の中でお気に入りの一コマを切り取るのが上手です。

休日に旅行をしながら、さまざまな風景を撮影するのも良いでしょう。「日本の城を撮る」「海の雄大さをフレームに収める」など、目的をはっきりさせると楽しさ倍増です。

男女数人ずつのグループで、作品を批評しあうのも勉強になります。思い出話が盛り上がるだけでなく、新たな旅の計画も持ち上がるでしょう。一緒に出かけるたびに、いろいろな異性と交流できるという利点もあります。

インドア派は本を通じて教養を深めるのもあり

外に出かけるより家でのんびりしたい、という人には読書会がぴったりです。社会人が集まるサークルもあって、大勢の男女でにぎわっています。それぞれに好きなジャンルがあり、熱のこもった会話が交わされる場所です。

夢中になった作家、夜も眠らずに読みふけった本など、話題は尽きません。興味が同じだからこそ、他の相手とも近づきやすくなります。いつの間にかカップルが生まれ、結婚にまで進むケースもあるほどです。

書籍を読めば知識と教養が身につき、人生にもプラスになるでしょう。読書を通して、異性との出会いを探すのも一案です。運命の相手は、意外なところに待っています。

趣味と仕事を両立できれば、生活に張りが生まれます。気持ちのオンとオフがうまくでき、リフレッシュにつながるでしょう。恋のきっかけを見つけるためにも、思い切って第一歩を踏み出してください。